北海道のムーブメント(movement)と裏側(uragawa)を網羅する

元村民が教える!日本最北端の村!猿払村のマニアック過ぎるオススメ風景&食べ物4選!

日本最北端の村!猿払村!!

猿払村は、北海道で言う【道北エリア】にあり、札幌市から車で約7時間。稚内市から車で約1時間。

札幌市から車で行くより【約7時間】東京から飛行機を使って来た方が早いんです(笑)
【羽田空港から稚内空港:約2時間・稚内市から猿払村:約1時間=合計約3時間】

ホタテ漁と酪農が盛んな日本最北端の村です。

また、2021年から、長州力さんが猿払村ふるさと納税大使に任命され、全国でも有名な村になりました。

私は、農業大学卒業後1年2ヵ月間、猿払村の牧場の従業員として働いていた元村民!
今回は、私の里帰りと言ってもいい記事かもしれません(汗)

よく観光スポットやお土産の記事は沢山あるので!
今回は元村民が教える猿払村オススメ風景&食べ物をご紹介したいと思います!



北海道猿払村ふるさと納税特設サイト

猿払村漁業協同組合

さるふつ村観光協会

猿払村畜産振興公社

今の時期は牛の餌づくりが盛ん!

猿払村の道を走っている今の時期はよくトラクターがゆっくり走ってます!
スピードは遅いかもしれませんがトラクターとしては全力疾走してます(笑)

村ならではの風景かもしれませんね!そっと抜かしてくださいね!

何をしているかというと、冬の餌になる草を収穫しに行ってます=仕事をしてます(汗)
道路を走っていると周りはほぼ牧草地です!収穫風景が見れるかもしれません!

また、運が良かったら、一台7000万円以上し、タイヤが人より大きい自走式ハーベスターという機械と出会えるかもしれません。機械好きにはたまりませんね(笑)大迫力の風景です!


こっそりついていくと、こんな収穫風景がみれるかも!?


【銀の匙】好きは知っているハーベスター!

猿払村の毛ガニは出回らない!?

猿払村の食べ物と言えば・・・そう【ホタテ】ですよね!
全国でも有名なホタテ!確かに!美味しいんです!観光に行ったら絶対に食べますし道の駅でもホタテのメニューが豊富に取り揃えられています。

実は年に一度、漁協から村民全員にホタテが配られます。
玄関に勝手に置いてくれます(笑)【田舎ならではのやり方なのかな】

しかし、私がオススメしたいのが・・・【毛ガニ】です!!!!!!
毛ガニと言えば、隣の枝幸町が有名ですが、猿払村でもとれます。
しかし、メインがホタテなので、毛ガニの漁獲量はごくわずか、、なのであまり外に出回らないんです。村民で消費しちゃいます。
猿払村の毛ガニは低水温の北オホーツクで育ち身が引き締まっていて、濃厚なミソが蓄えられていて美味しいです!

運が良ければ、【道の駅】や同じ場所にある【まるごと会館】で購入出来るかも…
行った際は、ぜひ!チェックしてみてください!


猿払村の毛ガニは美味!


道の駅 さるふつ公園

住所
北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別214−7
電話番号
01635-2-2311
営業時間
9:00~17:00
定休日
年末年始

朝の空気が美味しい猿払村!

猿払村は、海に面しています!
朝、少し早起きして散歩するのがオススメです!

朝日が昇るのも良い風景ですが、それ以上に空気が美味しい【個人の感想です(笑)】
なかなか都会では味わえない環境を五感で感じてください!


五感で楽しむ猿払村の朝

1日の終わりを告げる夕日

朝も素敵な猿払村!しかし、夕方以降も様々な顔を見せてくれます!

私のオススメは森から見る夕日です!

建物も何もない。森から見る夕日は、多忙な日々を忘れさせてくれるぐらい素敵な風景です。
コーヒー片手に椅子に座ってゆっくり過ごすのがオススメです。
【途中で野生動物とも出会うかも!クマには出会いたくないですが・・(笑)】

以上!元村民がオススメする風景&食べ物でした!!

いかがでしたでしょうか。観光ブックにも載っていない。マニアック過ぎるオススメ4選!
素敵な猿払村にぜひ!行ってみてください!


時を忘れさせてくれる夕日


この記事を書いたモウラー

モウラー

福神 早太

一般社団法人 UTARIジュニアアスリートアカデミー 代表理事
ジュニア専門フィジカル&食育トレーナー
トレーニング情報や食育が出来る農場を紹介します!