北海道のムーブメント(movement)と裏側(uragawa)を網羅する

【札幌】魅惑の北酒場〜普段使いの居酒屋リスト #3 【昼呑み編】

休日の昼呑みも好きであります。
週に一度、早朝からお昼過ぎまでの仕事があり、その日は体内時計的にはもう夕方なので、遅めのランチがてら…みたいなのもアリです。

ということで、第3回目の居酒屋リストは、どこまでニーズがあるかわからないけれど、【昼呑み編】として、中華とそばをご紹介します。

local chinesefood Xihuan(シーファン)

知人のインスタで見かけて気になっていたこちら。
すすきのにあって13時からの営業で「ランチやってます!」というより、「昼呑みやってます!」的なスタイルに非常に好感が持てる。

なんですが!初っぱなからお店の写真を撮り忘れるという大失態、、、
ということで、お店のインスタから拝借。
場所は国道36号線に面したつむぎビル(F45ビル並び)の3F。


13−17時までは「ハッピーアワー」でドリンクはこの価格。ワイン以降の飲み物も350円!!
そして、この時間帯だけのリーズナブルなフードも5種類ほど。もちろんレギュラーメニューの注文も可能です。


ビールを注文すると出てきたのが『よだれ鶏』!!
これお通しです。めちゃくちゃ美味い!!これだけでビール2杯くらいはイケる。
お昼のお通し代は確か300円…もういい予感しかないスタート。


こちらがハッピーアワー限定メニューとしてあった『シーファン特製手羽先からあげ』。
しっかりと味付けされた手羽先はもちろん、めちゃくちゃクリスピーな衣がもう!!
これだけでもつまみになるのでは?というくらい美味かった。


こちらはレギュラーメニューにあった『ラム肉とセロリの水餃子』。
水餃子といえば、スープに入った状態で出てくることを勝手にイメージしていたので、「おっ?!」と思ったんですが、"茹で"の状態で出てきた時点で水餃子だよねー
ラム肉のせいか、あんは割と締まった感じ?だけど、適度なジューシーさと、やはりこれもかけタレが抜群!!


こちらもレギュラーメニューの『パクチー焼きそば』。
もうひとつの焼きそばメニュー『海老の辛焼きそば』と非常に迷ったけど、パクチー好きが一緒だったのでパクチー焼きそばに決定!!

辛焼きそばじゃないけど結構辛いっす。
辛いの得意な方ですが、食べた後にじわじわ汗ばむ感あり。
そのスパイシーさにパクチー特有の香りと味がいい塩梅で絡むのが絶品です。

昼呑みなので、この日はこれらの料理にビール(生中)×3、ハイボール×1でお会計。
一緒に行った友人も同じくらいの酒量で、ひとり2,500円ほど。

まだまだ気になるメニューも多いので、昼でも夜でもいいから何度でも通いたい名店をまた見つけてしまった!


local chinesefood Xihuan(シーファン)

住所
札幌市中央区南4条西5-10-1 つむぎビル 3F
電話番号
08060895760
営業時間
13:00〜0:00(L.O23:00)
※close time無し
定休日
不定休

そば切り 膳

大好きなラーメンも飲んだ後の"締めラーメン"はもちろん、昼時も連日は厳しくなってきた。

加齢に伴い、そばの美味しさが一段とわかってきた今日この頃、近くを通るたび、お店の佇まい的に"いい匂い"をびんびん感じていたのが地下鉄東西線西18丁目駅の目の前にあるそば屋さん「膳」。


日曜のお昼時、そばを目的に入ったところ、カウンターで隣り合わせた老紳士が、何かをアテに静かにビールを愉しんでおられる。日曜だというのにビシッとスーツを纏って姿勢正しく嗜む姿に感化され、思わずビールを注文。


すると、僕の前にも老紳士と同じお通しーいろんなきのこが入った醤油漬けーが。
なにせそば屋さんがこさえたもんだから、出汁の効いた上品な味付け。


店前の提灯にも「そばと酒」とあるくらいなので、お品書きには日本酒にうってつけの美味しそうな文字が並んでいたけれど、この日はそば目的だったので我慢してランチメニューの『ミニ天丼とおそばのセット』を。

お茶碗サイズにきれいに収まった天丼はセットのサイズとしては充分なもの。
細め&短めなのにしっかりコシのあるそばは、あまり食べたことない食感が良かった。
どちらも味は言わずもがな。舌バカな僕でもわかる上等なそばです。
あの老紳士はビールのあと、鴨せいろで締めて先に帰られました…渋い!

お酒が付いた「夜そばセット」なるものもあるようで、次回はぜひ夜にうかがおうと思います!



そば切り 膳

住所
札幌市中央区大通西19-1-17
電話番号
011-631-8863
営業時間
11:30~14:30
17:00~20:40(L.O)
定休日
月曜日(祝日の場合は営業)

この記事を書いたモウラー

副編集長

Kacko-A

[ A ](カッコエー)という屋号で、札幌を拠点に広告・ウェブサイトのクリエイティブディレクション、ウェブメディアの編集・ライティング、イベントやラジオ番組の企画など、いろいろやってます。