北海道のムーブメント(movement)と裏側(uragawa)を網羅する

【石山通ウエスト?!】西11丁目エリアの気になるスポットを巡る

石山通ウエスト?!


北海道、特に札幌にお住まいの方で『石山通ウエスト』って耳にしたことはありませんか?
えーっと…僕はないです。

遡ること20年ほど前から、地下鉄大通駅のある中心部から西に離れた狸小路7〜9丁目あたりを中心におしゃれでインディペンデンスな雰囲気漂う飲食店、美容室、アパレルショップなどが点在しはじめ、今ではすっかりいい感じのエリアになりました。

10年ほど前からは逆サイドの東側、南2〜3条東1〜3丁目あたりに、これまたカルチャー感あるお店が並ぶエリアが出来始めて、こちらは『創成川イースト』と呼ばれるように。

そして、ここ数年は狸小路7〜9丁目よりさらに西、石山通をまたいだ西11丁目付近に個性的なスポットが点在し始めていて、感度の高い友人たちのSNSを見て気にはなっていたものの、足を延ばせていなかった僕。
今回は「昼間っからクラフトビールを飲もう!」がきっかけで、せっかくだからと周ったお店をご紹介します。

で、『石山通ウエスト』って?ですよね…『創成川イースト』に倣って僕が名付けました。
ググってみたところ出てこないのでオリジナルです。

では、はじめます。

地下鉄西11丁目2番出口ヨリ南下セヨ


今回は日曜の昼下がりに「昼ビールキメない?」が当初の目的だったので、まずは前述した友人のSNSで気になっていた『BEER CELLAR SAPPORO』へ向かうべく、地下鉄西11丁目2番出口を南へ進み、市電通りを右折して西へ。

歩くこと5分ほどで右手に見えてくるのが『Banh mi Saigon Fresh』。
「え?!バインミー??ビールじゃねーの?」

事前に調べたところ、『BEER CELLAR SAPPORO』はビールと軽食のみのため、食べ物の持ち込みOKとのこと。良心的!!ということで、まずは同じく気になっていたバインミーのお店へ

Banh mi Saigon Fresh(バインミー サイゴンフレッシュ)本店



決して広くはない店内にイートインスペースはあるものの、これからの時期はテイクアウトして公園などで食べるのがいいんじゃないでしょうか。

そして、いまさらですがバインミーとはベトナムのサンドイッチで、バゲットにボリュームたっぷりの肉や野菜がサンドされたもの。何種類かのメニューがある中、メニュー表にあった「迷ったらこれ!の通りに「バインミースペシャル」をオーダー。その場で作ってくれるんですが、ちょうど空いてた時間だったのですぐに出来上がり!

このあと、『BEER CELLAR SAPPORO』にてビールとともにいただくわけですが、写真も撮らずにがっついてしまったので、お店のインスタ、もしくはオフィシャルサイトでご確認を。
しっかりとしたバゲットに具材がたっぷりなので、かなり食べ応えアリ!
そして、かなりうまうまです。

BEER CELLAR SAPPORO(ビアセラー サッポロ)



初来店、クラフトビールの知識もさほどな僕たちは、4種類が飲み比べられるのをシェアしてみることに。
上の写真にもある、その日のビールから選びます。

黒板に描かれたグラフィカルなメニューからして素敵!それぞれの味についても丁寧に説明してくれたのですが、最終的には好きなグラフィック優先でオーダー。


こんな感じで提供されます。

こう飲み比べると、ホップの香りが高いもの、後から苦味がくるもの、フルーティな味わいなものなど、それぞれがとても特徴的。逆にいえば普段飲む日本のビールがいかに広く一般的に飲まれるようバランス良く作られているかが分かります。



店内の大きな冷蔵庫にはバリエーション豊富にビールが並び、ラベルを見てるだけでも楽しくなります。
ということで、お試しのあとに"ジャケ買い"でそれぞれもう1杯。

木と打ちっぱなしコンクリートを基調とした内外観、適度なラフさ加減がとても居心地がいい。
休日の昼ビールを楽しむお仲間一行、ふらっと寄ってひとり立ち飲み、ラップトップを前に一杯のひと、ダースで買い出しに来るご夫婦など、お客さんがそれぞれの使い勝手で利用してる自由な感じを店内で見ているだけでも飽きないお店です。

石山通に戻って南下
注目のセレクトショップへ

お腹が満たされたあとは物欲モードでしょうということで、これまた市内のショッピングエリアから離れた場所にあるセレクトショップ2軒へ。

まずは石山通に戻って南へ向かい、中央区役所の角を右折して少し歩くと雑居ビルの3階に見える『WAKE.』。

WAKE.



洋服好きが注目するブランドラインナップはもちろん、それらとの別注企画やオンラインショップを持たず、通販も受けない商品もあるという、ある意味硬派な営業スタイルも気になっていたショップ。

道路に面したガラス張りの店内はとても開放感があって、商品のディスプレイもゆったり。
90年代半ば〜00年代にあったお店の雰囲気も感じて、個人的には懐かしささえも。

ここ数年トレンドでもあるリラックスフィットの洋服が多く、ちょっと自分が着るには…って感じだったけど、いまの空気感を感じられるショップでした。

基本的にはメンズのセレクトショップという感じですが、WAKE.の公式インスタグラムを見ると、女性のスタイルサンプルも多く見られて、どれも素敵です。

THE SHOEGAZER(ザ・シューゲイザー)


またまた石山通に戻ってさらに南下、南6条通りを右折してすぐの場所にあるのが『THE SHOEGAZER』。
こちらは以前から知人である亀田くんが運営するショップ。

東京で数々の人気ショップで経験を積んだ亀田くんがセレクトするショップには、広い店内に「nonnative」の新作とユーズド(古着)が並んでいます。比較的手に取りやすい価格のユーズドをメインに、日本のメンズブランドでは長く支持を得ている「nonnative」がアクセント的にセレクトされているバランス感覚はさすが!

すっかり話し込んで店内写真を撮り忘れてました、、、

番外編

改めて西11丁目エリアは魅力的なお店がたくさんあることを実感!
今回は行けなかったものの、以前に立ち寄ったことのある2つの名店も情報だけご紹介して今回は終わります。

志の家


スープカレー暁


今回ご紹介したお店の情報


Banh mi Saigon Fresh(バインミー サイゴンフレッシュ)本店

住所
北海道札幌市中央区南1条西12丁目4番85号
電話番号
011-211-5679
営業時間
10:00-19:00
定休日
火曜定休
備考
さっぽろ地下街ポールタウン内にも支店あり


BEER CELLAR SAPPORO(ビアセラー サッポロ)

住所
北海道札幌市中央区南1条西12丁目322-1 AMSビル1F
電話番号
011-211-8564
営業時間
月〜金 15:00 - 21:00
土・日 12:00 - 21:00


WAKE.

住所
北海道札幌市南3西12−325−13 東和ビル3F
電話番号
050-1179-3884
営業時間
12:00-20:00
定休日
木曜(月曜休業の場合あり)


THE SHOEGAZER(ザ・シューゲイザー)

住所
北海道札幌市中央区南6条西11丁目 1285-9 第2さっしんビル1F
電話番号
011-211-1566
営業時間
12:00-20:00
定休日
水曜


志の家(しのや)

住所
北海道札幌市中央区南二条西12-323-10 リナパートナーズ南2条 1F
電話番号
011-281-1045
営業時間
11:15~17:00(L.O.16:45)
定休日
日曜
備考
分煙(14:30まで禁煙)


スープカレー暁(あかつき)

住所
北海道札幌市中央区南1条西12丁目322-24 2F
電話番号
011-211-0744
営業時間
月~金 11:30~15:00 / 17:30~21:00
土 11:30~21:00
定休日
日曜


この記事を書いたモウラー

副編集長

Kacko-A

[ A ](カッコエー)という屋号で、札幌を拠点に広告・ウェブサイトのクリエイティブディレクション、ウェブメディアの編集・ライティング、イベントやラジオ番組の企画など、いろいろやってます。