北海道のムーブメント(movement)と裏側(uragawa)を網羅する

【札幌】クリームパンが大人気!南平岸駅すぐの老舗パン屋さん

こんにちは!札幌在住、1歳男の子ママのりりーです♪
地下鉄南北線の南平岸駅を降りてすぐにある、老舗のパン屋さん「パネテリーヤ吉田」をご存じですか?
「パネテリーヤ吉田」さんの存在、実は25年前以上前から知っていました。←年齢がバレますね(笑)
先日、念願の初訪問!
卵や牛乳、バターなど、食材は安心できるものを使っているため、子どもが食べるもにも安心♪
今回は、「パネテリーヤ吉田」さんのご紹介です。


「パネテリーヤ吉田」さんの場所と外観


お店は地下鉄南北線南平岸駅を降りてすぐ。
マックスバリュ平岸店(現在リニューアルのため閉店中)の、道路を挟んで向かい側にありますよ。
居酒屋さんの大きな看板が目印です。1階部分がお店になります。
駐車場はありませんので、注意してくださいね。


パネテリーヤ吉田

住所
北海道札幌市豊平区平岸3条14-3-4
電話番号
011-815-7816
営業時間
9:00~20:00
※店主の方が1人で頑張っています。開店時間は準備でき次第の9時頃から
定休日
日曜日
備考
駐車場なし

「パネテリーヤ吉田」さんの店内

店内は、2~3人入ると、ちょっと手狭な感じです。
棚には食パンから総菜パン、甘いパンが所狭しと並んでいます。
パンだけではなく、クッキーやパウンドケーキやマドレーヌなどのお菓子系も充実。
その他、ちょっと良さげなジャムやオリーブオイルなどもあったので、手土産にもよさそうです。




素材にこだわった安心のパン、価格も良心的!!


パネテリーヤ吉田さんのパンは、マーガリンを一切使っていません。
高価な綿実油(めんじつゆ)使用しています。
綿実油は一般家庭では馴染みがありませんが、プロの料理人や高級料亭で採用される高価な油です。
それから、牛乳とバターはよつ葉を使用し、卵は江別の「太田ファーム」さんを使用。
これだけの材料を使っていると、パンのお値段高いのでは?と思いますが、全体的にパンの価格が良心的なんです◎

店主の方にお話を伺ったところ、カレーパンの中の具は、お店でオリジナルで作っているとのことで、とっても気になりました。

それから、コロッケパンのコロッケは、南区にあるハム専門店「ブロインリンゲン」さんがプロデュースするジャージーファームスのジャージー牛を使用していると教えてくださいました。このあとにご紹介している、ローシェに使用しているベーコンも同じく「ブロインリンゲン」さんのものをを使用しているそうです。

パンの材料1つ1つ、生産者さんとのつながりを大切にしつつ、上手にパンに配合してうまく融合しているパンテリーヤ吉田さんです。

お店人気NO.1はクリームパンは、まず食べてみて欲しい◎


見た目は正統派なクリームパン。半分に割ってみると、クリームがしっかり入っています。
白っぽいカスタードクリームは、甘さ控えめで食べやすくて、あっという間に完食しちゃいました。
毎日食べても飽きない優しいクリームパンで、お店人気NO.1も納得◎
初めて来店した人には、まず手に取って欲しいパンです。

店員さんおすすめ!あんぱん



優柔不断な私。
店員さんにおすすめを聞いてみたところ、あんぱんをおすすめしてくださいました。
こしあんとつぶあんで迷って、こしあんぱんを購入。
パン生地も薄皮でもっちりしていて、甘さ控えめの餡がたっぷり入っています。
餡はパンに合わせて、製餡所でオリジナルで作ってもらっているとのことでした。

こちらも店員さんおすすめ!ローシェ



こちらのローシェは、ハード寄りのパン生地の中に、チーズとベーコンが練りこまれています。
ベーコンは前述した通り「ブロインリンゲン」さんのもの。
少し温めて食べると、中のチーズが溶けかかり、ベーコンのちょうどよい塩気がアクセントとなって美味しい~♡

まとめ

パネテリーヤ吉田のパンは、体に優しくて安心で美味しいので、ママ目線でおすすめしたいパン屋さんです。
1歳の息子もパネテリーヤ吉田さんの食パンが大好き!
駐車場はありませんが、地下鉄南平岸駅を降りてすぐの駅前で地下鉄からのアクセス良好です。
お店の方にお伺いしたところ、パンの予約も可とのことでしたので、狙っているパンがある場合は、予約してから行くと安心です。


この記事を書いたモウラー

モウラー

りりー

生まれも育ちも札幌の生粋の道産子、夫と息子の3人暮らしです。
会社員の傍ら、Webライターとして活動中。
グルメ、美容、ファッション、北海道が大好きです♡
ママ目線で主に札幌の情報をお伝えします(*'▽')