道内の観光・グルメ・おでかけ情報満載 MouLa HOKKAIDO(モウラ北海道)

札幌「敷島ビル」地下名店街のおすすめランチ4選

札幌「敷島ビル」地下名店街のおすすめランチ4選

札幌・大通周辺のビジネスパーソンが集まるランチスポット「敷島ビル」。チカホ(札幌駅前通地下広場)の5番出口横からビルに直結していて、その日の気分に合わせてバラエティに富んだお店から選べるのも魅力です!
その中でもおすすめの4店舗をご紹介します。

カレー専門店 印度


カレー専門店 印度

ランチ時間は、男性客を中心に常にほぼ満席で人気のルーカレー店「印度」。
17席のカウンターのみで、空いたところに1人ずつ座っていきます。
回転率が速いため、ガッツリ・早く食べたい方におススメです!


ベースのルーは1種類でノーマル700円のほか、各種トッピングを選ぶことができます。
さらに日替わりメニューが750円で用意されており、通常メニューよりお得なため、お客さんのほとんどがその日の日替わりを注文しています。
+100円で大盛りにできるのも魅力です!

何度も訪れていますが、「チャーハン」や「スパゲッティ」を食べている人は見かけたことがありません…。




この日の日替わりはスクランブルエッグがのった「オムカレー」でした。
ピリッと少し辛く、どこか懐かしいカレーで、細かい牛肉もルーに混ざっていて奥深い味です。
卓上には福神漬けがセルフになっています。


券売機

混雑するランチタイムは席に座ってから現金払い、14時以降は店内の券売機で購入します。


カレー専門店 印度

住所
札幌市中央区北2条西3丁目 敷島ビル地下1階
電話番号
011-241-0701
営業時間
月~金 11:00~16:00
土   11:00~14:00
定休日
日曜日

そば処 霧の下


そば処 霧の下

上川町の大雪そばをリーズナブルに味わえる「そば処 霧の下」。 
大正11年創業の地元「土開製粉」で石臼で挽いた蕎麦粉を、自家工場で毎日製麺し店舗に届けているこだわりのそばを気軽に頂くことができます。


こちらもカウンターのみで17席です。


メニューは、温冷、つけそば、ミニ丼とセットなどさまざま。その日の気分や気温に合わせて好きなそばを選べます。
ご飯だけでも、卵かけご飯、明太子ご飯、月見とろろご飯と種類豊富で迷ってしまいます。


冷やし月見たぬき

冷やし月見たぬき

冷やし月見たぬきを注文。ごぼう揚げがトッピングされているのもポイント高いです。
麺の量は普通より少し多めで、細めの麺でのど越しが良いです。
卓上にはそば湯も置いてあります。


お願いすると温かいそば茶も頂けます。




アルコールやおつまみメニューもあり、ちょい飲みにもピッタリです。


そば処 霧の下

住所
札幌市中央区北2条西3丁目 敷島ビル地下1階
電話番号
011-221-2700
営業時間
月~金
11:00 - 15:30(L.O. 15:00)
17:00 - 21:00(L.O. 20:30)
定休日
土・日・祝日

たまごぞうすいの店 春帆(しゅんぱん)


たまごぞうすいの店 春帆(しゅんぱん)

胃腸が弱っていたり、二日酔いの日におススメしたいお店が「たまごぞうすいの店 春帆(しゅんぱん)」。
カウンター5席に4人がけテーブル3卓、奥に4人がけ座敷席があります。
喫煙も可能です。




メニューは名物のたまご雑炊を中心に、男性もうれしい日替わりセットメニューがあります。
+100円で大盛り、日替わりは+200円で生そうめんにも変更できます。

ちなみに夜のメニューは、おつまみ、お刺身、天麩羅、一品料理に、お酒のバリエーションも豊富で飲み放題も可能です。
17:00~18:00までは札幌クラシックが2杯まで100円、18:00~19:00でも1杯まで100円とお得なサービスも。


チキンカツセット

伺った水曜日の日替わりメニュー「チキンカツセット」。
たまご雑炊、チキンカツのほかに冷ややっこと漬物、味噌が付いています。
雑炊はだしの中でごはんと卵が混ざり合ったシンプルな味は、だしの風味が効いた優しい味わい。スルスルと喉を通っていきます。
小皿の味噌や卓上のポン酢で味変しながら食べられます。


たまごぞうすいの店 春帆(しゅんぱん)

住所
札幌市中央区北2条西3丁目 敷島ビル地下1階
電話番号
011-222-3737
営業時間
月~金
11:00~14:00
17:00~23:00
定休日
土・日・祝日

175°DENO担担麺


175°DENO担担麺

シビれを求めるあなたにおススメするのが「175°DENO担担麺」。
札幌に本店を構え、市内に5店舗、東京・福島にも展開する担々麺専門店で、日本のラーメン技術×本場四川料理×北海道ブランドの独自の担々麺を提供しています。
一度食べるとそのシビれと辛さが病みつきになり、ファンも多い名店です。
13席ほどのカウンター席。


券売機

白ごまor黒ごま、汁なしor汁ありの4種類の担々麺のほか、限定ラーメン(このときは1日10食限定ジャージャー麺)や薬膳チキンカレーがあり、炙りチャーシュー飯や小籠包3個のセットも選べます。
カロリーが気になる方には春雨(0円)や糖質50%OFF麺(+200円)に変更できるのも嬉しい配慮。




担々麺はシビれ(0~4、Special)、辛さ(0~5)、スープベース(創業鶏清湯or濃厚鶏白湯)、麺の量(小~大)が自由に選べます。
初めての方はまずはオススメから。


看板メニューである「白ごま汁なし担々麺」を注文。シビれと辛さはオススメを選びました。
ひき肉にナッツ、海老がのっていて、しっかりとかき混ぜてからいただきます。太めでもっちりした麺にしっかりと味が絡み、期待通りのシビれを口いっぱいに味わえます。


卓上には、花椒やラー油もあり、自分好みのシビれと辛さに調節しながら味わえます。
小ごはんを注文して、最後に残った具材とご飯を混ぜるのもシメにピッタリです。


175°DENO担担麺

住所
札幌市中央区北2条西3丁目 敷島ビル地下1階
電話番号
011-211-4157
営業時間
月~金 11:00~15:00、17:30~21:00(21:30CLOSE)
土・祝 11:00~16:00
定休日
日曜日

いかがでしたでしょうか?
紹介したお店のほかにも数店あり、ランチに困ったときには寄ってみるのがおすすめです。


この記事を書いたモウラー

編集部

Matthew

北海道に来てはや6年の名古屋人です。MouLaをいろんな人に使ってもらいたい!いろんな使い方をしてもらいたい!という思いで日々試行錯誤しています!二児のパパです。