北海道のムーブメント(movement)と裏側(uragawa)を網羅する

塩狩峠を越えて、【和寒町】へ行こう!!

上川管内にある、かぼちゃの産地で有名な和寒町。
和寒町ゆるキャラの“パンプキンダー”くんです(^^)
皆さん、よろしくお願いします。

10月と言えばハロウィン、かぼちゃの美味しい季節ですね。

札幌から北へ180K、塩狩峠を越えるとそこが和寒町です。
こちらが塩狩峠を越えている真っ只中の私です。


8月に、札幌から名寄まで自転車で行ってきました♪

こう見えて、文学部出身の私は本を読むのが大好きで、
三浦綾子文学にはまっていた時期もあり、その舞台の『塩狩峠』を自分の脚でグイグイ越えて行くなんて当時は思ってもいませんでした。

『塩狩峠』を読んだことがある方ならご存じかもしれません、
列車が暴走した“塩狩峠”。

さぞかし険しいと思いきや、峠レベルとしては「えっ?!峠なんてあった?」と思うほどの
緩やかな登りと、緩やかな下りです。(笑)


ただ、国道40号は旭川から和寒町に入るまで休憩できるようなところがほぼないので、
塩狩峠のパーキングエリアのトイレは有難くお借りしました。

(トイレから“ひょっこりはん”?!)

さて、先日(9月18日)その和寒町で開催された一大イベントが
【和寒東山スキー場ヒルクライムレース】!

東山スキー場の斜面を500ⅿ、いっきに駆け上がる大会です。


今年も和寒町の奥山町長自ら参加されていて、
山頂でお話しさせていただくことができました。


山を駆け上がった選手側とすれば、山頂から和寒町が一望できますし、
町を通る車からは、スキー場の斜面を駆け上がる人たちの様子が見えて、

参加者にとっても、たまたま通りかかった通行人にとっても、
町のアピールとしてはインパクト大です。

私個人としては、スキー部の女子高生を両側に、表彰台の一番高いところに登らせていただき、
最後までいい景色を眺めることができました(^^)


もちろん、賞品は和寒産のかぼちゃ‼
その他、じゃがいも、玉ねぎ・・・そして、和寒ジンギスカン!!!

実はこれがめちゃくちゃ美味しいので、気になった方は是非一度お試しください。



この記事を書いたモウラー

モウラー

あいりんご(沢田愛里)

北海道出身アスリート。藤女子大学時代からトライアスロンを始め、札幌を拠点に国内・海外を転戦すること20年余り。2005年以降は、主戦場をデュアスロン競技に移す。
現在はフルタイムで働く傍ら、スカイランニングの強化指定選手として活動中。
【戦績】2006~2014年デュアスロン世界選手権日本代表
    2007~2011年デュアスロンアジアチャンピオン
    2016年 パワーマン世界選手権8位入賞
    2022年 ステアクライミング世界選手権 銅メダル