北海道のムーブメント(movement)と裏側(uragawa)を網羅する

【公園】遊具、水遊び、木陰、広場、全てがちょうどいいサイズの素敵な公園を発見!

貴重な水場を兼ね備えたちょうどいいサイズの中規模公園!!

こんにちは!
現在保育園に通っている娘が一人いる、パパレベル1のcutterと申します。

近年、北海道も夏場は30℃を超える猛暑日が何回かあったりしますよね。
子どもと出かけるにも炎天下の遮るもののなにもない公園には長い時間滞在するのは親子ともにキツいものです。
子どもに水場で水遊びさせてあげたいなぁ、と思い札幌市内の水場のある公園を色々調べてみた結果・・・

大きめな公園なんかには素敵な水場があったりするのですが水場はもちろんのこと駐車場なんかもかなり混雑することが予測されるため回避・・
水場自体が小規模で数人入ったら溢れかえってしまいそうな公園も回避・・

そんな中「おっ!ここいいんじゃない!?」と見つけたのが『山の手草ぶえ公園』でした。

長さもあって流れもある水場は何往復しても楽しすぎる!!

まずは冒頭でも触れた水場について!
公園入口からすぐのところに上流?源泉?があり、水が湧き出てくる場所があります。
そこから流れ出た水が浅い小川のように流れていき、細い水路のようなところに差し掛かると流れが強くなり下流へと流れていきます。
最終的には水深30センチほどの溜まりとなっており、おそらく循環させてずっと流れているんでしょうね。
流れが緩かったり急だったり、浅かったり深かったり、とにかく何往復しても楽しそうですw

娘は1歳なので手放しで遊ばせはしなかったのですが、手を繋いで何往復もして楽しそうに遊んでおりました!


上流から水が湧き出て流れていきます


湧き出てるところはこんな感じ


流れも緩く水深も浅いところ


幅が狭く流れが強めな水路っぽいところ


最後の水たまりの部分

水遊びしているとチラチラと目に入ってくる魅力的な遊具!

水遊びを満喫していた娘ですが、突如陸にあがり今までとは違う方へと走り出しました。
そうです、遊具でも遊びたくなってきたのです。

ここの遊具もこれまたちょうどいい具合に遊べる感じの素敵な遊具でした!

このタイミングが下調べがないと痛い目に合うポイントの一つですね。
自分は(妻は)こういうこともあろうかと着替えを2セットほど持っていっていたので遊具へ行く前に濡れた服を着替えさせて存分に遊ばせてあげましたが、着替えを持ってきてない子も当然遊ぶので遊具は割と濡れてるところが多く、滑ったりしたら危なそうだなぁ、とか考えてました。

水場と遊具を行ったり来たりするようだとドロドロのぐちゃぐちゃになりますねw

遊具は螺旋形の滑り台とグネグネの3本ラインの滑り台が特徴的でした。
グネグネの方は大人がやると尻を強打してとても痛いのでオススメしません・・

子どもにとってはちょうどいいサイズの遊具かと思います!


グネグネ3本ラインが魅力的な遊具!

水場を越えて進んでいくとまるで森の中かのような幻想的な雰囲気に!

公園の中央付近は木が生い茂っており、ちょっとした森のような雰囲気になってます。
木でできた遊具もあり、ターザンロープなんかもあるので、ここはここで色々遊べるスポットですね!

木々の生えてる感じと奥の芝生の広さも相まって、風景画が好きな方にとっては素敵な被写体になりそうな景観です!
自分も時間が許すのならば何日もかけて風景画でも描きたいものです、下手ですけどね。


突然現れる幻想的な雰囲気


まるで風景画なアングル!このアングルで風景画を描きたい

広大な広場!!サッカーでもキャッチボールでもなんでもできそうです!

木々が生い茂るゾーンを抜けると一面広大な芝生エリアとなっております。
だいぶ広いです!
公園全体の半分くらいが芝生の公園となっております。
これだけ広ければかなり長い距離のキャッチボールができますね。
鬼ごっこだろうとサッカーだろうとなんでもできそうな広さです。

ただこの日は暑すぎたのかあまり広場で遊んでる子どもはいませんでした。
傾斜もけっこうある方なので冬なんかはソリ遊びもできそうです。

冬になったらだいぶ雰囲気変わると思うのでまた訪れてみたいですね!


広大な芝生!かなり広い!!

最後に・・・

山の手草ぶえ公園の一番の魅力は「全てがちょうどいい」ところですね。
大きい公園ならば遊具もたくさんあって広場も広くて水場なんかも充実してたりするのですが、いかんせん規模が大きいので各セクションへの移動が非常に大変です。
その点、山の手草ぶえ公園は水場のサイズもちょうど良く、遊具もちょうど楽しめるくらいのサイズ、木陰もあって広場も広い。
全てがちょうどいいんです。
移動もさほど距離を要さないので、子どももいろいろなところで遊ぶことができますし、親も疲労がだいぶ抑えられます。
ここもまた子どもにとっても親にとってもwin-winな公園ですね!


山の手草ぶえ公園

住所
札幌市西区山の手2条10丁目
電話番号
011-667-3201(西区土木センター)


この記事を書いたモウラー

モウラー

cutter